2005LDJランキング決定!

ランキング2位 

黒沢 成光選手

ランキング1位 

福本 大象選手

ランキング3位 

加茂 靖倫選手

主な成績

2005年LDA日本決勝大会
準優勝

主な成績

2005年LDA日本決勝大会
優勝

2005年LDA世界決勝大会
出場




主な成績

2004年GD社主催ドラコン大会
優勝

2003年LDA日本決勝大会
優勝

2003年LDA世界大会出場

2006年度LDJ決勝シード選手発表!!
2006年LDJ
決勝シード選手
LDJランキング
シード理由:LDJrank1〜3位
および前年度ファイナリスト
福本 大象選手
1位
2005年LDA日本決勝大会優勝
2005年LDA世界大会出場
黒沢 成光選手
2位
2005年LDA日本決勝大会準優勝
加茂 靖倫選手
3位
2004年GD社主催ドラコン大会優勝
2003年LDA日本決勝大会優勝
2003年LDA世界大会出場
吉田 一誉選手
4位
2005年LDA日本決勝大会3位
小栗 裕介選手
10位
2005年LDA日本決勝大会ファイナリスト
酉川 博文選手
13位
2005年LDA日本決勝大会ファイナリスト
三枝 勲選手
18位
2005年LDA日本決勝大会4位
中釜 和幸選手
21位
2005年LDA日本決勝大会6位
三ツ屋武志選手
23位
2005年LDA日本決勝大会5位
以上8名の選手は予選会免除で決勝大会への出場権があります。
もちろん、予選会への参加は自由です。





2005年LDA世界
ドラコン選手権
日本大会決勝結果!
↓こちらをクリック↓
最近、クラブの長さに関する問い合わせが多く寄せられています。LDAルールを確認いたします。


2005年5月28日(土)高槻ゴルフ倶楽部にて・・・・・
日本最高記録401ヤード樹立!!
(公式記録)

使用クラブ:BANG-O-MATICドライバー
2005年5月28日(土)大阪、高槻ゴルフ倶楽部にて
2005年度LDA世界ドラコン選手権日本大会予選が開催されました。
今年度の初っ端から驚くべき記録が樹立されました!
日本公式記録としては初めての401ヤード!
昨年のLDA世界選手権の優勝記録が377ヤード、一昨年が402ヤードだったので、
この記録は世界のトップレベルと言えます!
今年度はこの大会を皮切りに日本全国13会場が予定されていますので、
この先、どんな記録が飛び出すのか想像もつきません!
2005年度LDA世界ドラコン選手権日本大会高槻予選結果
優勝 
鳥居恒夫 選手
401ヤード(日本記録) 
使用クラブ
BANG-O-MATIC 9度+ペンリーETA(3X)
MIZUNO MP-001 460
2位
辰巳善章 選手
368.6ヤード
使用クラブ
BANG-O-MATIC 7.5度
+アキュフレックスProLD(3X)
3位
山下裕史 選手
364.6ヤード
使用クラブ
ゴルフハンズDelight460cc7度

以上決勝大会進出!

結果はこちらです!

使用クラブ
2005年6月19日(日)埼玉、吉見ゴルフ場にて「2005年度LDA世界ドラコン選手権日本大会埼玉予選」が開催されました。

ジットリと汗が出る蒸し暑い気温に、向かい風というコンディションの中開催された予選となりました。やはり向かい風の影響からか、上空で球威が弱まってしまう弾も多かったように見受けられます。

そのような中で、1次予選、予選決勝と300ヤード弾を放った長尾健二選手が埼玉予選優勝を決めて決勝大会進出の権利を手に入れました。

また、会田考治選手が300ヤードに迫るショットで長尾選手に肉迫し、2位を手中にし、同じく決勝進出を決めています。

3位に千島選手が287ヤードで続きましたが、予選上位5%が決勝進出となるので、残念ながら今大会で決勝行きの切符を手に入れることは出来ませんでした。

予選は各地でまだまだ開催されますので、惜しくも権利を逃した選手の中には他予選でのエントリーを早々に決めている方も多いようです。

決勝進出はもちろん、先日記録した400ヤード弾を目指して猛者たちの熱い夏はまだまだ続きそうです。

2005年度LDA世界ドラコン選手権日本大会埼玉予選結果
優勝
長尾健二 選手
303ヤード
2位
会田考治 選手
297ヤード

以上決勝大会進出!

結果はこちらです!












2006年ドラコン大会開催決定!!
2006年度LDA世界ドラコン選手権日本大会決勝の舞台は・・・
2005年に続いて
山梨都留カントリークラブ
になります!


決勝会場となる山梨 都留カントリークラブOUT 1番ホール!



Thank You LDJ !!
LDJはLDA(ロングドライバーズ オブ アメリカ)と2007年まで契約を延長。LDAはLDJの日本での活動に感謝の意を表しました。
日本大会の模様はLDAオフィシャルプロモーションビデオに使用される予定です。
今後、オープン部門だけでなく、レディース部門などでも日本選手をエントリーする予定です。

2006年日本ドラコン選手権
女性部門開催決定!
決勝会場:山梨都留カントリーNo.1ホールで
300ヤード以上の記録で優勝すれば

世界大会に出場!
飛ばし屋の女性の方!出場してみませんか?!
240ヤードを超える飛距離の持ち主ならば、優勝候補です。
是非、御参加ください!
問い合わせ:hirai@htc-web.com (担当 平井)

→2005年LDJポイントランキング!←

【クラブの反発係数について】
LDA日本大会予選ではプロ・アマ問わず反発係数(COR)値制限はありません。R&Aルールを採用。※決勝はUSGAルールを採用(0.830以下)

日本はR&Aの統括領域に入りますので下記のルールが適用されます。

R&A統括領域では…
1.<> 2008年1月1日までの間、大部分の競技及び一般プレーに対し、「スプリング効果」のテストとCOR値制限を実施しないままとするbr> 2.2003年1月1日〜2007年12月31日は上級プレーヤーを対象とする競技に限り、その競技委員会は競技の条件の中でCOR上限値を0.830に決定することができる。R&Aはこの競技の条件を2003年以降のThe Open Championshipに適用する予定であり、また、メジャープロツアーにこの適用を推奨する予定である。
3.2008年1月1日以降、ゴルフ規則はCOR上限値を0.830とする適合テストを加えるよう改編される。

統括域別反発係数上限
対 象 区 域 USGA
R&A
3年〜2008年アマ COR 0.830
COR問わず
2003年〜2008年プロ
COR 0.830
メジャーのみCOR 0.830
2008年以降 COR 0.830 COR 0.830
●米国内ではUSGAに適合したクラブを使用しなければなりません

携帯電話(モバイル)で記録を確認!。www.ldjapan.com モバイル版
“自称”飛ばし屋の330ヤードと LDA認定 の280ヤード。どちらに価値がある?
もちろん後者です。飛ばし屋の自慢話が始まったら、 www.ldjapa

ドラコンクラブはこちらをクリック